読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost everyday.

its a matter of taste, yeah

2012年第3回・本日のライブ MONOBRIGHT/DOES ACMEが来たりて笛を吹く@仙台PARK SQUARE

前日のじゃんけん対決@盛岡はまさかの桃野4連勝。しかしここはいろいろあってDOESにトリを譲ったそうで、最終日にして初のMONOBRIGHT先攻スタート。客電が落ちて出囃子SE(淫ピーDANCE)が流れたその瞬間から既にモッシュが始まるあたり、今日はどうやら日曜の福島以上に激しくなりそうです。登場するなり叫んだ言葉は「新曲ー!聴いてください!曇天!」いきなりか。そして続くか銀魂つながり。というわけで、本日のセットリストはこんな感じでした。

  • 曇天(DOESカバー)
  • アナタMAGIC
  • WONDER WORLD
  • EZO(新曲)
  • JOYJOYエクスペリエンス
  • LET IT RAY(新曲)
  • 旅立ちと少年2
  • 旅立ちと少年3(新曲)
  • この人、大丈夫ですか
  • COME TOGETHER
  • DANCING BABE
  • 踊る脳

ええと。まず、「先攻セット、せっかく作ったのにまだやってない!やりたい!」と言ったわりにはそんなに変わってなくないか?と思ったのは自分だけでしょうか。序盤での新曲(仮タイトル:豆乳鍋)は「イー・ジー・オー」と紹介されてた気がするのだけど、だとしたら表記はEZOになるのかしら。JOYJOYを挟んで新曲をもうひとつ、という流れは日曜と同じでしたね。ネガティブとかポジティブとかいう歌詞が耳に残りました。
今回のツアーでは、新曲既発曲いずれも前のめりにつんのめった演奏がまるで暴走一歩手前で、それが何だかやたらめったら頼もしく聴こえました。単にそういう選曲だったから、聴かせる曲を敢えて外したから、と言ってしまえばそれまでなのかもしれないけれど、わたしは何だかわくわくしてます。何て言ったらいいんだろうな、このひとたちの、お膳立てとかお仕着せ感のないありのままの演奏を初めて聴いた気がしてるんです。4人のときはリーダー不在で制御不能なすわりの悪さがあったと思うし、5人になったらいきなりバンドを乗っ取られたよな危機感すら覚えたし。ここへ来てやっと5人体制が対等に(近いかたちで?)機能しはじめた気配を勝手に感じているというか。ああ、楽しみだなあ、リリースが。
そして後攻DOES、登場時にワタルさんが吹いてた笛がツアーグッズだということを今さらながらに知りました。そうか、それでツアータイトルがああなのか。セットリストは概ね日曜と同じだったと思います。タイトルが分からないのですがあの、めちゃくちゃ速いplease please meみたいな「神様と悪魔と僕」ていう曲がえーらい格好いいですね(教えてくださった方ありがとうございます)。格好いいといえばワタルさん、3曲目で曇天を始める前に「さっきMONOBRIGHTもやってたね。でもさ、曇天はこうやるんだよ」って言い放ったそのキメ具合にしびれました。いやー、たまらん。ワタルさんは誰かに似てる、見た目も声も誰かに似てる。と日曜からずっと考えていたのですが、これでやっとわかったよ。ドン・マツオだよ。あの堂々たるフロントマンっぷりがまさにそんな感じだよ。九州男児!そしてギターのあのひとはクドカンに見えてしかたなかったよ。ものすごく楽しそうに弾くのね、あのひと。これまた格好いいな。そしてじゃんけん対決、勝負の行方はメンバー各位のツイートで。

20120216追記:DOESセットリストを某所からぺたり。

  • ユリイカ
  • イーグルマン
  • 曇天
  • サブタレニアン・ベイビー・ブルース
  • バスに乗って
  • 黒い太陽
  • 神様と悪魔と僕
  • 未完成ライオット(MONOBRIGHTカバー)
  • 今からここから(新曲)
  • タイニーパンク
  • 三月
  • レイジー・ベイビー
  • バクチ・ダンサー
  • 今を生きる

アンコール

  • 修羅
  • 明日は来るのか