almost everyday.

its a matter of taste, yeah

すがる思いは頭の上で行きどころなく

ひゃっほう。フラカンが、フラカンが、いわきに来ますよー!

5.24.sat. いわきSONIC
オープニングアクトあり
Open 17:30/Start 18:00
前売り¥2,500
チケット発売日 3/8
http://www.flowercompanyz.com/news/

フラカンのマイ・ブルー・ヘブン行く。監査前だろうと行く。血尿が止まらなくても行くー!
高2の頃に行きつけだった中古屋でタダ同然で手に入れた「フラカンのマイ・ブルー・ヘブン」が深く深く胸に突き刺さり、涙目で何度も何度もリピートしたあげく同時の恋人に「すごいから!ぜったいいいから!」と無理やり聴かせてどん引きさせたり(その頃、あの子のフェイバリットはてぃーあーるえふだったというのに。若気の至りで申し訳ないことをしました)それから3年くらい経った後、あたらしく付き合い始めた別の相手に性懲りもなくまた聴かせてみたところ、今度はそのひとがわたしをはるかに凌ぐ勢いでずっぽりのめりこんでしまい逆にこっちが面食らったりだとか、そういう甘いんだか酸っぱいんだか痛いんだか苦いんだかよくわからないものになりはてた記憶がいまだに古い傷跡みたいにずくずく胸でたまに脈打つこともあったりする、というまさに俺にとっての青い春、なのですこのひとたちの曲は。極初期の曲があまりに深く刺さりすぎたせいでヤングフラワー以降はあんまり聴いてませんが、それでよけいにわくわくしてる感もあります。(あくまでわたしの中でだけ)10年寝かせたあの声は、いまどんなふうに歌ってるのでしょうね?想像つかない。たのしみです。えへへ。おやすみなさい。