almost everyday.

its a matter of taste, yeah

僕には君しかいないかわからないけど

So I Can Feel Happier

  • ここ数日、複数の記事を読んで「ビョークともあろうお方が(15年以上前の話とは言え)、そのような不当な扱いに黙って耐えていたのか?本当に?」と疑問でいっぱいだったのですが、ここへ来て詳細が報じられたことを受け「やはりその手のハラスメントに屈しない側のひとなのですよね、そうよね、今も昔も」「それでもここまで口をつぐんでいなければならなかったということは、よっぽど闇が深いんですね映画業界…」といろんな意味で腑に落ちた次第であります。
  • セクシャルであれパワーであれドメスティックであれ、あらゆる種類のハラスメントは醜悪でしかない、というのが自分の基本姿勢であることに変わりはありません。ただ、自分の年かさが増すにつれ、そうして長らく憎んでやまない「ハラスメントを行ってしまう側」へと自分自身が知らぬ間に傾いてしまうことがありはしないか、という危惧がじわじわ高まりつつあります。「そんなつもりじゃなかったのに」などという手垢まみれの言い訳を、いつか自分も吐いてしまう事態に追い込まれやしないか。それが怖いです。目の前の相手に敬意を払う、というたしなみを常に忘れずいたいと思います。難しいけれど。
  • 先発は塩見。われわれは塩見を信じていなかったのではなく、塩見の一発病あるいは吐き出し癖を6回裏が終わるその瞬間まで危惧していました。これまでいったい何度「今日の塩見は調子がいいぞ!」からの大乱調に肩を落としてきたことか。ましてこの大舞台、それもファイナルステージの初戦だなんて初回からガチガチでもおかしくない筈です。怖かった。ずっと怖かった。
  • 終わってみれば3-2、ギリギリどうにか逃げおおせた格好ですがそれでも一応勝ちは勝ちです。やったぞ!わーい!両チームとも得点がすべてソロホームラン、というのもなかなかめずらしい展開ですよね。そんなことない?
  • 個人的ハイライトは茂木の先頭打者ホームラン*1、7回ハーマンが単打&ボーク&四球で1アウトしか取れずに降板した後の高梨によるゲッツー、8回福山の3凡。不調のペゲーロに代わってきょう一軍登録されたばかりのアマダーが、早速期待に応えてくれたのにもぐっと来ました。よかった…!おやすみなさい。

*1:ファースト&ファイナル両ステージでの先頭打者HRは史上初とのこと

ギミー・デンジャー

  • 野暮用にてオフ。日照時間減少による不定愁訴と気圧低下に伴う片頭痛がこの秋最初の山場を迎えつつある頃合いだったもので、ある意味ちょうど良いタイミングだったのかもしれません。ふいー、空が完全に明るくなるまでふとんの中にいられるしあわせ。

  • 午後、フォーラムでギミー・デンジャー。劇中幾度となくループされるI Wanna Be Your Dogのリフが、ヴェルヴェッツの登場に合わせてI'm Waiting For The Manへと繋がっていくシーンにぐっと来ました。殿堂入り時のスピーチ、「音楽は人生だ。人生は商売ではない」という言葉にもしびれた。
  • 映画としてはジム・ジャームッシュの愛と小技がいたるところに顔を覗かせ頬が緩んでしまうところも多々ありましたが、談話メインのシーンが続くと多少ダレる感は否めないかも。イギーのどこまでも透き通った目と、傷痕のような皺に覆われてなお鋼みたいに見える腹筋が美しかったです。
  • 夕方に出向いても朝市。きょうの収穫はハンサムレタス2袋100円、おくら3袋100円、きゅうり6本100円、雪菜2袋120円でした。ありがたや。帰宅後は寝具類の模様替え、冬のもふもふ仕様に羽毛ふとん。夜が楽しみです。
  • CSは甲子園の阪神vsDeNAを。能見、どうしてしまったの…?藤浪はキレキレだったけども。何はともあれ、こちらと同じくリーグ3位かつ初戦を落としてたDeNAさんに勝手にシンパシーを抱いていたのでこれはたいへん熱い展開であります。おめでとうございます!おやすみなさい。

勝利決めるスイングで

  • いや、もう、寒い。はっきりと寒いです。玄関のドアを開けて外に出た瞬間からもう冷気が先週までのそれと違ってて、回れ右して部屋に戻って薄手のコートを羽織った次第であります。ついこの間まで蒸して暑くてひーひー言いながら仕事してたのになあ。気温の変化に身体がついて行けないってのよ…!
  • 先発は美馬。福島に異動してから約8年、これまでたった一度しか乗ったことがない17時台の列車*1にダッシュで乗り込み東口のパブリックビューイングへ。

  • というわけで、勝利の余韻に浸りつつ寝ます。風邪ひきそう、ていうかむしろ知恵熱出そう。おやすみなさい。

*1:前回は小沢健二のひふみよ@イズミティに駆けつけるべく走りに走ったものでした