読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost everyday.

its a matter of taste, yeah

2012年第4回・本日のライブ ARABAKI ROCK FEST.12


例年どおり一日のみ参加、ことしは二日めにしました。日曜どれだけ踊りたおしても遊びまくっても翌日はまたお休み、というこのしあわせ。ありがたや。以下、今日の足どりを追ってふりかえります。

入場後、ひとまずビールを注入してから鰰ステージへ。ギターレスの男女4人、初見。バキバキな音に伸びやかな女子ボーカル、男子ふたりのコーラスはデス声。ありそでなかった組み合わせ、一日のはじまりにふさわしい勢いをありがとうございました。中盤で後ろ髪ひかれつつ、お隣の花笠ステージへ移動。

  • tricot

この季節にしては強すぎる陽射しが早々と体力を奪い去る中、日陰の花笠ステージは休憩するのにもってこい。…と後ろのほうでゆっくり聴くつもりが、気づけばずんずん前方へ。フロント3人ずらり女子なのにすごい爆音、しかも変拍子。思うさま踊らせていただきました。ここに来るまでは名前も知らなかったよ、だけど格好よかったよ。今日ははるばる京都からやってきてくれたそうで、「楽しいー?ほんと?ありがとー。嬉しおすー」とか喋りがいちいち可愛かったです。そしてはんなりエロの香りも。近々どどんと売れちゃうんじゃないかしら、これは。

引き続き花笠ステージにてイノウ。個人的ハイライトその1。まずはセットリストから。

    • QUEST
    • RIP
    • THERAPY
    • MYSTERY
    • JUDGE
    • KEN SHIT
    • MONKEY
    • MAYBE

思い起こせば前回も、彼らは同じこのステージに立っていたのでした。あの時はPAのトラブル?不具合?がなかなか解消されなくてimaiが半ばヤケっぱちだったけど、今日は余裕でリハ完了。だからかどうか分からないけど、今日はかなりごきげんだったよねimai。ここでさんざん流してたCOMING OUTはきっとやらないんだろうな…と思ったらやっぱりやらなかったよねimai。朝食は吉野家の朝定食(卵かけごはん)だったのかimai。そんなimaiのど真ん前、しかも最前列にて、この時間からさっそく燃え尽きそうないきおいで踊りたおしてまいりました。
いやもう、とにかく、素晴らしかったです。かれこれ10回ほど見てきた中で、もしかしたら今日がいちばんよかったんじゃないか。新譜の2曲はまだ様子見というか手探りぽいところもあったけど、定番曲のQUESTやRIPは新録かってほど音が変わってて、にもかかわらず危なげがなくて、それでいてものすごく攻撃的でした。ほんとうに、このひとたちはちっとも守りに入らないです。いつでも常に攻め続けてる。cpの声や動きに至っては、見る度ごとにビルドアップしてるんじゃなかろうか。あれだけ動いて声出して、なのに涼しい顔で汗ひとつかかないってどういうこと?imaiは今日もびしょ濡れだったよ。言うまでもないことだけど。
それにしても。最後の一音が消えた瞬間、くるりと背を向けそのまま一度も振り返らずにステージを後にした二人はもう、憎たらしいほど格好よかったです。お願いですから次はアルバムを、そしてワンマンを。待ってます。

  • レキシ

ふたたび花笠へ戻ってレキシ。初見。きのう友人がカラオケで歌った「きらきら武士」に落雷級の衝撃を受け、これは生で聴かねばならん!みたいな気持ちがむらむら湧いてきたのでした。紋付姿で客をいじりまくる池ちゃん、まさかしょっぱなから武士で来るとは思わなかったよ。それに1ステージで3曲だなんてアクトは初めてだよ。1曲が長いよ。暮らし安心クラシアンで腰がくだけそうになったよ。踊りまくって踊らされもして、あんなに笑えて楽しいなんて素敵すぎます。生で聴けてうれしかったな。

しばしの休憩を経て、アラハバキにてスパゴ。個人的ハイライトその2。ライブを見るのは何と15年ぶりくらいです。となれば近年のセットリストなど当然知らないわけで、下手すりゃ全曲近作からかも。ひとつくらい知った曲があれば嬉しいな、くらいの感じで臨んだのですが。蓋を開けてみれば2/3はあのころ何度も繰り返し聴いた曲、わたくし思わず落涙。というより号泣。えぐえぐしゃくり上げながら歌いながら拳ふり上げてました。SOOKIE SOOKIEにSandy's Sunday、SLOW DOWN、ざまーない!まで。これってやっぱり、フェス仕様のセットリストなんでしょうか。6月にリリースされるという新曲も相変わらずのヤック節、ここでまた泣きました。本当、目がつぶれるんじゃないかってほど泣いた。
他、ロックンロールジプシーズや清志郎セッションをそれぞれちょっとずつ聴きました。日が暮れる頃には撤収、たのしかったです。また来年もどうか晴天で。