読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

almost everyday.

its a matter of taste, yeah

夜の本気ダンス "By Your Side 〜ダンスは済んだ?ツアー" ゲスト:HINTO

  • 久々のMACANA。17:30のオープン直前、わたしは狼狽していました。まままMACANAでソールドアウト、ですって…?そんなに?そんなに人気なんですか?夜の本気ダンス。ひいいいい。今のうちにお詫びしておきますが、わたしのお目当てはHINTOです。夜の本気ダンスはきょう初見、つまり一度も聴いたことがありません。秋風吹きすさぶサンモール一番町が、半袖ハーパンフェスタオル装備の若者数十名を筆頭になんかすごい気合いの入った人達で満ち満ちている…!ぬおおおお。場違い感半端ない。ごめんなさい。なんかもう、訳も分からず謝らずにはいられない。ごめんなさい。取り急ぎ以下、HINTOセットリストをば。
    • 01.はんぶんゾンビ
    • 02.かなしみアップデイト
    • 03.アットホームダンサー
    • 04.なつかしいひと(新曲)
    • 05.マジックタイム
    • 06.バイトさん
    • 07.わりきれない
    • 08.エネミー
  • 登場時SEはいつものMCハマー。そしてド頭いきなり伊東さんの派手なギターソロ、からの「はんぶんゾンビ」。これは相当アレですね、攻める気まんまんですね。隙あらば後輩の客を奪おうという色気のなせる技ですね。ですよね?
  • 「ゾンビが来る!」のくだりはいつもより分かりやすくかつ丁寧に。続く「かなしみアップデイト」ではイントロを、「アットホームダンサー」ではアウトロをそれぞれライブ仕様に引き伸ばして演奏するといった初見のお客への配慮が功を奏してか、当初は圧倒的アウェイと思われた本日のフロアも存外あたたかく、時に強めに身体を揺らし拳を突き上げておられます。いいぞもっとやれー。ひゅー!3曲め終了時点でチューニングが狂うほど熱の入ったステージ、良いです。ここまでとても良い感じ。
  • 新曲はテクニカルな変拍子に古びたトイピアノ乱れ打ちのようなギターが絡むAメロ、そしてゆったりとした伸びやかなサビのメロディが印象的でした。安部兄さんの声は本当に高く高くどこまでも昇っていくようで、MACANAの高い天井にとてもよく映えて気持ちいいです。もっと大きな場所、あるいは野外で聴ける機会がもっと増えるといいのにな。
  • MCは夜の本気ダンスへの感謝と賛辞。「俺ら、最近のバンドとかあんまりよく分かんなくて。でも、本気ダンスは一緒にやってみたいなって思ってたら向こうから誘ってくれたんだよね」「俺らもね、中年の本気ダンスをね!」だそうで。後輩からの差し入れはリポビタンならぬ「ちょっといいオロナミンC」だったそうです。ローヤルゼリー入りのやつ。
  • HINTO後半は完全に踊らせるための選曲。久々に聴いた「わりきれない」でのベースソロがぴたりと決まって惚れ惚れしてたら、フィニッシュと同時に光広さんが眼鏡を外してらしたのでこりゃギア上げてくるぞーとわくわくしました。ラストは「エネミー」。いつもながらにエモくて最高でした。よかった。
  • セットチェンジを経て本日のメインアクトが登場したのは19:20頃。80年代の大江千里が90年代のジャーヴィス・コッカーに憑依してゼロ年代のクラクソンズを従えてるみたいだなー、とぼんやり思いました。
  • 冒頭3曲がいかにもフェス仕様というか、元気いっぱい跳びまくりかつわりと一本調子だったもんで「本気ダンスってこっち?うへえこのまま1時間跳びっぱなしはさすがにキツいぞ」と危機感を覚えたのですが、中盤へと進むにつれ曲のバリエーションが広がり、タメが効いてたり横揺れだったりいろんなリズムパターンが出てきて楽しく踊れました。そう。楽しかったんですよこれが。
  • 白眉は後半の"Fuckin' So Tired"(終演後ぐぐりました)。先にステージを終えたHINTOと明らかに同じ血が流れるリフ、フロアに飛び出しもみくちゃにされながらひたすら客を煽り続けるボーカル。きょう披露された曲の中では、これが最も「本気ダンス」を体現してると思いました。

  • 彼らのライブが始まってからというもの、フロア後方から見てる分にはお客の反応が見事にほぼ均一で、それが何だか薄気味悪かったんですよね。みな同じように身体を揺らして、同じように腕を振り上げてる。それはまるで振り付けのようにも見えました。わたしはあんまりそういうのが好きじゃなくて、場合によってはちょっとしたコールアンドレスポンスすらも「うわー面倒くせえ好きに踊らせろよなー」とか思ってしまいがちなので余計にそういう気持ちが強いのかもしれないけど、それはそれとして。先ほどの"Fuckin' So Tired"にはそういうお決まりやお約束を「しゃらくせえ!」ってブッ飛ばすような勢いを感じたのであります。MCで京都出身と聞いたせいか、何となくつい森見登美彦太陽の塔」のクライマックス、ええじゃないかを思い出してしまった。そういう感じで攻めるつもりなら、次のライブも見てみたいです。メジャーデビュー決定おめでとうございます。
  • アンコールを終えて一本締めの後は、HINTOを再度招き入れて写真撮影で〆。20:30に全てが終わる、超すこやかなライブでした。何か思い出したらまた追加します。楽しかったな。
  • 追記。夜の本気ダンスのセットリストを教えていただけたのでこれも残しておきます。
    • 01.Where?
    • 02.Afro
    • 03.Show Down
    • 04.By My Side
    • 05.Too Young
    • 06.Gavlillo
    • 07.Only Nineteen
    • 08.Fuckin' So Tired
    • 09.戦争
    • 10.Only Seventeen
  • EN
    • 11.B!tch
    • 12.Fun Fun Fun