almost everyday.

its a matter of taste, yeah

後何百回でも思う 欲しい欲しい君が欲しい

関連部署から「お願い今すぐちょっと来て」という泣きの電話が入り、何事かとあわてて駆けつけたら「ここの日にちと数字おかしいでしょう?どうすんのこれ今さら直せないよもう」とすごい剣幕でまくし立てられ呆気にとられるの巻。順を追って事情を聞いたらすべて向こうの手違いと勘違いだったことが分かり、ひとまず事なきを得たのだけれども気持ちは晴れませんでした。信用、されてないんだなあ。と思ったらびっくりするほど悲しくなった。明日からまた精進します。
終業後、めったに連絡をとらないひとから極甘メールが届いて驚くなど。それはどう転んでも恋人あてメールの誤送信としか考えられないしろもので、迷った末に「送る相手を間違えてますよ」と返信したらば光の速さで「違う!お前に送ったんだよ!」という返信が届いてさらに驚きました。もう酔ってんのか?聞けば「いま出張で仙台に来てるから一緒に飲みたい」ということだったらしいのですが、何やら取って喰われそうな(=一緒に飲んだら潰されそうな)鬼気迫る声色におののきまっすぐ帰った次第であります。まだ月曜だしね。というか最近しょっちゅうこっちに来てるらしいので、都合が合えばまたすぐにでも。浜松の現場はもう終わったのでしょうか。お身体だいじにねー。おやすみなさい。